知りたいのです。

05-23,2011

福島のプロサーファーによる3.11の映像です。




中越沖地震の時も、刈羽と柏崎の多くの方がまず原発の安否を気にかけたそうです。
原子力発電所に生活的な支えを得ていても、潜在的に危険を感じながらお暮らしになっています。

その方たちのおかげで私たちは電気のある生活ができていること、忘れたくないな~。

福島の方たちも都会で消費される大量の電力を支えるために、危険と隣り合わせの暮らしをしてきました。
そして今、大切な地を離れなくてはいけなりました。

たった10分で世界が・・・

私自身に起きたらどんな思いになるだろう。。。

今、原発のことをもっと知りたいのです。
お恥ずかしいことながら、原発について私はあまりにも無知でした。

今、毎日使っているエネルギーのことに真剣に意識を向けて行きませんか。


もっと良い日本のために。

大切な人のために。

これから出会う新しい命のために。



おすすめを2つほどご紹介します。


原子力を知る書籍
スローライフカンパニー発行の『知ることからはじめよう』
新潟市の美味しいマクロビお店、マリールゥさんに教えていただきました。


京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報 
 http://hiroakikoide.wordpress.com/

京大の小出裕章助教授の話、必読です。
23日、参院行政監視委員会でお話しされたこともご覧になれます。



私にも福島の海でのサーフィンの思い出がたくさんあります。
巻かれると、かき氷を頭にかぶったようにシャキーン!と目覚めさせてくれる爽快な海水。
朝日の昇る海。
あの景色をまた見れる日が必ずくることを信じています。

初心に戻って。

06-22,2009

昨日は夏至。暑い週末でした。
「今年は絶対サーフィンしたいっ!」と熱いコールを送ってくれていたお二人と一緒に、Let's surfin'!

お二人は、記念すべきサーフィン・デビューです♪
  DSCF3059.jpg
コーチは、サーフショップCHU'Sの俊郎先生☆
むちゃくちゃ優しいです。素晴らしい肩幅です。(どこ見とんねん。笑)

まずは、波の説明、海のルール、などなど。
信号のない海でたくさんの人たちが行き交うスポーツですから、ルールを知らないと危険なのです。

そして陸トレ。「1、2、3」の動きでボードの上に立つ練習。DSCF3069.jpg
この基本を身体が覚えると、海でもバッチリ♪

なーんて、偉そうに言ってますが、俊郎先生に
「いつもツボは”1”の動作が早すぎるよ。一緒にやった方がいいんじゃない?」
と言われました。

「えっ!? そうだったんですか???」

知らなかったー。やっぱり指摘してもらうのは必要ですね。

俊郎先生の話を聞いていると、「あ!なるほど~」と、改めて気づいたり、思い出すこともあって、むしろとても新鮮に感じました。

仕事でも人間関係でも言えますが、どんなことでも何年もやっていると盲点ができて、視野を狭くしたり、壁を作ることが大いにあります。

初心に戻って、私も「1、2、3!」一緒にやってみました。

昔は毎日布団の上でやってました。
これを毎日やったら、絶対もっと上手になれるはず♪
すごーく真剣に、陸トレに加わりました。

「1、2、3!」「1、2、3!」「1、2、3!・・・痛っ!」
最近気になっていたモモの付け根の痛みが出て、3回でリタイア。

でも二人はみるみるスタイルが出来上がっていきましたよ。

DSCF3070.jpg←決して湖ではありませんのよ。
いざ!入水♪ 
波が全くありませんでした。
パドルとバランスのトレーニングにはピッタリ!

海の水はとっても気持ちが良くて、みんなもとっても楽しそうでした♪
良かった良かった♪

また来週もスクール予約したそうです。
仲間が増えるのは嬉しいね!
某化粧品メーカーのシャンプーのCMみたいに、女の子だけで波乗りしたら絶対に楽しい!と思う。


今回、持っていったボードは、サーフィンを始めたばかりの時のボード。
  DSCF3063.jpg ジョエルチューダーのシングルフィン。 
ジョエルチューダーのボードは抜群にかっこいいです。
これは、レッドとブラウンのコントラストが気に入ってます。ただ、初心者向けではないので、実は乗りこなせてません。

女性の横顔が描かれています。DSCF3061.jpg
時折、水滴がこの女性の流す涙のように見えて思わず彼女の色んな物語を空想をしてしまうのです。

久しぶりにこの板を持って来て、サーフィンを始めた頃を思い出しました。
絶対に上手になりたくて、毎朝海に通っていました。

なかなか乗れなくて大泣きしたし、みんなが楽しそうに乗っているのがすごーく悔しくて、波乗りを教えてくれていた大先生に「もうやめるっ!!」って八つ当たりしたこともありました。

今は、マイペースに海に行っているけど、50歳60歳になっても波乗りしていたいです。
のんびりメロウに波に乗る素敵なおばさまになります♪

早くモモの痛みを治そうっと。

ご機嫌サーフィン♪ そして、撃沈。。。

01-15,2009

2009☆初波乗り♪

私にとって波乗りはコンディション管理にとても役に立ってくれています。
自然の中で思いっきり身体を動かすことで要らないエネルギーを発散できるし、自然の良いエネルギーもたっぷり浴びることができるからかな。

そこで、昨日はお昼過ぎの空いた時間に海へGo!

海までのドライヴはラジオから流れるMotown Records70年代Hitsでごっきげ~ん♪
The SpinnersやMarvin Gaye。この時代のサウンドはスウィートですね♪

いつものポイントに到着。
   ika01141.jpg 
   ika01142.jpg
海に浮いている黒い点々はサーファーです。サイズ腰~腹。オフショア。

人も少なく、波乗り放題♪ わーい。わーい。

1時間ほどして風が強くなったので上がりました。
その後、私の身に悲劇が・・・! 

大切な大切なサーフボードを車の屋根に乗せて手を放した直後・・・突風が~~~。

お気に入りのピンクのサーフボードが木の葉のように ひら~~~~り♪
空中を舞って、大地に落下!

「きゃ~~~~っ

その一瞬の出来事は私の目にスローモーションで映り、今もなお鮮明に。。。(泣)

サーフボードに傷がつくと、水を吸ってしまうので海には入れられません。
すぐにサーフショップSOULOVEさんへ、我が子を担いで駆け込みました

いつも半ベソで傷ついたボードを持っていくと、SOULOVEのオーヤさんは
「治るよ。」って、まるで何でも治す名医のように、すご~く安心させてくれる。

昨日もいつものようにオーヤさんは「治るよ。」笑って言ってくれました。
そして「身体にぶつからなくて良かったね。」と。

大切にしている物が傷ついて、私の心はボッコリ凹んでいたけれど、
オーヤさんの一言で、すっかり元気。

サーファーがボードを壊す時は、大きな波でクラッシュしたり、飛んだり回ったりのアクションをしたり、サーファー同士接触したり、大抵は海の中なんだけど、
私の場合、階段でぶつけたり、駐車場で躓いて落としたりばかりなわけで。。。

最後にオーヤさん
「いつも陸だよね・・・」

はい。その通りです。。。

大切なボード、ただいま入院中。

朝イチの海

08-17,2008

朝4時起床。 ・・・外は真っ暗。

今日は遊べる波の予報。そして日曜日。
いつもの波乗りポイントの駐車スペースも満車予報。

急げ~。

普段は誰も見たことのないであろう機敏かつ合理的な動きでボードを愛車に積み、海へ♪
気持ちが競る時こそ安全運転。安全運転

    20080817051047.jpg朝5時の海
腰~セット胸。 オフショア。

久しぶりに朝イチの波乗り

9時半まで2ラウンド入って、後ろ髪を引かれながらも終了。

海の浄化と朝日のエネルギーを全身に浴びて、
最高

明日は海の日 ☆ サーファーが生き残る!?

07-20,2008

夏です。 海です。
暑くたって、曇ってたって、

  わ~い♪

今朝、サーフィン行ってきました♪

昨日からの北ウネリの波が今日も一日中ありました。
もも~腰の波。

セット待ち1時間!?  (※セット=数本の大きな波が組になってやってくる)
という声を聞きながらも、入水してしまえば、

  わ~い♪ 海だ~♪

海に浮かんでいるだけで楽しくなってくる。
ま、波に乗らなきゃサーフィンじゃないのだけど、、、

              大切な相棒♪20080720111116_convert_20080720205826.jpg

  20080720112952_convert_20080720205855.jpg
すごくいい顔して話してた2人をパチリッ☆
 シブヤくん & ハレルヤのタロさん


1時間半ほど楽しんで今日は終了。
今日も楽しかったです♪

そして、お昼からは精神科医 越智啓子さんの講演会へ行って参りました。

言葉が全てを引き寄せる、『言霊の法則』や、
2012年アセンションに向けての意識の持ち方、
笑うことの大切さ。 
などなど、大変豊かでパワフルなお話。

大きな元気と愛をいただいてきました。

その中で、インドネシアで津波があったときサーファーとダイバーは生き残ったというお話をされました。
高波が来てもひるまないサーファー達が助かったそうです。

波乗りは人生の縮図だと感じる時があります。

大きな波が次から次へと目の前に来て沖に進めない時、泣きたくなるし、くじけそうになります。
けれど、少し波が過ぎるのを待つ勇気を持つと、波もおさまり前へ進むタイミングが見えてくるんですね。

そんな経験、陸の上でもありますよね。

波に巻かれても笑っているサーファー達。(笑)

確かに強靭な生きる力が満ちあふれてるかも


・・と、言うわけで、今まで「サーフィンしたいけど・・・」で終わっていたあなた!
一歩前進♪ 人生に悔いを残してはいけません。
今年こそトライしてみませんか?

ついでに良かったらご参考に・・・私のお薦めサーフショップ
いつも親身になってくれます。
 CHU'Sさんのホームページ

  

2月6日 海に入りました。

02-06,2008

暦のうえでは、もう春ですね。
今日の新潟は暦通りの気持ちの良い日でした。

でもやっぱりまだ寒い!
カイロも手放せません。今もストーブの真ん前でパソコンに向かっています。

まだ寒さ続く新潟ですが、今日は午後から今年初の波乗りに行ってきました

昨日、激寒の怒濤の日本海でサーフィンをしていたレジェンドサーファー大先生に
「明日は波いいんじゃない?」 
と言われたけど、

「遠慮しときます・・」 ブルブル・・・。

さすがレジェンド。この寒さなんて全く問題ないらしい。


ところが、今日は昨日の寒さが嘘のように暖かく、朝の出勤中に海を見たら、風も止んで波も落ち着いていました。

これは!入るしかない!

午後、車を走らせポイント到着。
波も厚めのトロめのブレイクで、充分にサイズも残っていました。

ビーチで会った友達と
「今日は水、温かいよ。」
「キャップなくてもいけるよね?」
なんて陸ではちょっとおかしな会話。

ぶ厚いウエットに着替えて、グローブとブーツ着けて、いざ入水!

わ~~~~い♪海だ~♪

ほんとだ。そんなに水も冷たくない。(本当に冷たい時はミントのかき氷の中に顔を浸しているよう)

水しぶきが飛んで、ときどき七色の光を見せる。

海の妖精たちのお出迎え♪
なんて思いながら、パドルしてあっという間に沖に出た。

水平線と、波の音。
時々空を見上げると、雲の合間から太陽の光がシャーン♪と降っている。
波待ちの時は、いつも大きな空色の球体に包まれているような気持ちになる。

そしてテイクオフ!
一瞬怖くなって躊躇したら滑ってコケて波に巻かれました。

冷たーい。でも楽しい~♪

そう言えばなぜか海ではいつも「楽しい♪」が優位です。
陸では味わえない、最高のフィーリングがそこにあります。

一本一本の波は決して同じじゃないから、「今、ここ。」にいないと波に乗れないんです。
テイクオフの瞬間が私は最高に好きなのですが、「今!」の瞬間がパーン!と全身に走るのです。

「今、ここ。」を生きている快感。
サーファーはそれを全身で感じているから、クレージーと言われても海に入るのだと思います。

時空は波と同じ。一瞬一瞬、決して同じではない。
だから「今、ここ。」に意識的に生きること、とても大切だよね。


私が海からあがろうとすると、もう夕日は落ちかけてるのに、朝から入ってた友達がまた沖に向かって行きました。
ほんと、クレージーです。

私はそれから半身浴でしっかり体を温め、クロレラパックで集中ケア。
これを怠ると後が大変。
体はだるくなるし、お肌もゴワゴワ。
冬の海に入ったのですから、大切な体はきちんとケアしないとね。

今夜はよく眠れそうです。
明日は、筋肉痛です。

おやすみなさい。
今日一日にありがとう♪

       love!


千倉で夏休み

08-29,2007

南房総 千倉で波乗り夏休みを過ごしましたBrilliant.

1日目の波はもも~腰(波のサイズ)。
2日目は腰~胸。
テケテケの私にはお手頃サイズ♪


太平洋の波はやっぱり違う!
小波でもばっちりパワーがあるし、しっかりレールを入れないと前にまっすぐに押し出されてしまう。

ローカルらしき方達も数人いたけれど、何本か譲ってくれて(もちろん良い波は自分たちが乗ってたけど)とても楽しくサーフィンができました。
ポイントをビーチクリーンしたり守ってくれているローカルの方は、どこの海へ行ってもリスペクトしないとね。
ローカルの方達ありがとです。

やっぱり私は波乗りが大好きBrilliant
こんな風に天気がよくて、全身で空を仰いで、波を待って、思いきり波を追いかけて、Take offの瞬間のスリルと、波に乗った時の流体感覚。
みんなキラキラの笑顔。
最高です!

こんな波乗りの後は、ただ笑っていたくなる。
ビーチでひと休みしている時、本当の自分でいられたよ。20071011181743.jpg