良い山を越えました。

08-11,2010

一山と言わず、山脈を越えた気分です。今。
(アルプス、ヒマラヤとは言わないけれど、三国山脈くらいかねえ。)

なんとも心地の良い達成感。

先日のオーラソーマ・トレーニングコースL1最終日にて。
DSCF3460.jpg
皆で作った未来を祝福する架け橋の輪。

そうそう、この時とても珍しいことが起きたんですよ。
コース参加のMちゃんの元にいたボトルがパーン!と音を立て、よく見るとシャンパンのようにシュワシュワーッと気泡が立ったんです!
そのボトルは祝福を意味し、しかものゴールドの色彩を帯びてアルケミーを起こした特別なボトル。
その場に居た全員で、その意味を内側で理解し感じました。

私たちが自分自身の内側に意識的になることは、とても美しいことです。
それは自分への愛でもあります。

その感覚に目覚めていく方達を見ていくことは、希有な体験で、この仕事の素晴らしいギフトと自負している。
だから、この仕事は辞められない。

一人一人の潜在的に眠らせていた意識が目覚め、祝福のセレモニーでした。



ここ数ヶ月を、今日はひと呼吸おいて振り返っています。

実はここしばらくのワタクシの精神はチャレンジと試練の日々でもありました。山に例えると目的地は分かっているが五里霧中の吹雪の細い坂道を登っているような思いでした。
登っている最中は、この山が良い山かなんて全く分からないし、途中凍死してしまおう(諦めよう)と思う時もありましたが、自分で踏み込んだ道、諦めずに自分を信じ、周りに居る方々を信じ、明けない夜は無いと言い聞かせ歩き続けました。
振り返れば、苦しい場面は全く思い出せず、そういえば苦しんでたな、、、というだけで、
思い出すのは、喜びの場面。
脳は上手くできてますナ。
なんだか登山家の山に登り続ける気持ちが分かる気がする。

本質の道に戻るにはこういった調整期間が必要なのかもしれません。
得たものは多く、これからに繋がっている実感がある。

13日はご先祖様にも御礼を伝えにいきます。


さて、スッキリ元気はつらつのワタクシ、
早速9月には、詩人 天童大人さんに自作詩を肉聲に乗せていただき、クリスタル・スィングボールとの贅沢な企画を開催します!
個人的にも念願だった天童さんの詩と肉聲の響き!楽しみです。
詳細は改めて。

11月にはオーラソーマのトレーニングコース レベル2も開催します。

すでに動き始めています。多くの存在が。
お楽しみに。

今後も何卒よろしくお願いします。





COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/06(月) 12:47:10 || # [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK